京都東山 料亭「道楽」監修特大重 福来重

京都東山 料亭「道楽」監修特大重 福来重 新玉の息吹

京の伝統を大切に新春の寿ぎと深い滋味あふれる和の特大重

  • 創業380余年京都東山の老舗料亭『道楽』監修のおせち
  • 京料理の伝統を伝える14代目当主が京らしさにこだわった薄味が嬉しいおせち
  • ロブスター・鮑・本ズワイ蟹爪など高級食材や京都ならではのお料理が楽しめる全66品のおせち

IKKOさんも大絶賛!まさに名料亭の味!飯田先生すごいわ~!

もう、このおせちは見た目、素材、『道楽』飯田 先生の心遣い、ー"ひとつに感動!!
すべての素材の“素材感”が活かされていて、約400年続く料亭の当主である飯田先生の“心” を感じました。
素材感を大切にしているから、食べ続けて飽きがこないし、「道楽』さんの教えである「真味淡」の心が感じられる。これはまさに京の名料亭の味ね。
「であいもん」がたくさん入っているからこそ、見た目も匂いも、全てがお互いを邪魔しない。それどころか相乗効果を生んで、さらにおいしくなっているわ。

世の中におせちってたくさんあるけど、このおせちと出会って、素晴らしい料亨、そしてその「道楽』さんの料理の考え方は本当だと知ったわ。
このおせちは、その“ほんまもん”の料亭の歴史や心遣いがみなさんの食卓に届く。そんなおせちです。

京都東山 料亭「道楽」とは…

創業380余年の歴史が漂う本物の贅沢
京都・東山に江戸時代寛永年間創業。伝統が受け継がれ、「ほんまもん」の京料理を今に伝える料亭

  • 代々伝承されてきた京料理の名亭
  • 創業は江戸時代初期の寛永年間。
    京の東山に店を構える道楽は古より京でその名を馳せた名亭。
    石田三成の軍師、島左近の邸宅跡に建つと口伝される屋形は、京都市歴史的意匠建造物に指定されている。
    「道楽」とは仏教用語で、仏道修行で得た悟りの楽しみを意味する。
    洗練された設えのすべてに、おもてなしの心が伝わる。数多の京都人が「一度は行ってみたい店」 と掲げるのも納得できる。

  • 五感で味わう料亭
  • 道楽十四代当主飯田氏は書画などをたしなみ、文化や芸術への造詣が深く、店内随所にその感性を散りばめ、お客様をもてなす。
    店内に一歩足を踏み入れると、創業当時の空気感が漂い、お香がふわりと香る。
    掛物や花も客席に合うよう選ばれたもの。
    花は座敷で最も季節感を表出するもので、当主自ら花器を選び心を込め生けるという。

    道楽を訪れたお客様が感動するおもてなしのひとつに、御献立が用意される。(清泉のコース以上に限る)
    これは当主の手書きによるもので、盛り付ける器まで記載しお客様に出される。

    道楽の京料理の特色は、上質な食材を用い、美味しいお出汁によって淡味で素材の旨みを充分に引き出す手法にある。
    当主自ら仕入れ・調理・盛り付けを行い、料理に取り組む姿勢には、妥協の余地はない。
    道楽に代々伝わる「真味淡」や五行説の「五色五味五法」の教えを継承し、味わいと彩り、栄養のバランスなどを考慮し、器との調和がはかられている。
    まさに、五感で味わう京料理である。

  • 五色五味五法
  • 「五色五味五法」とは料理における五行説で、五色と は青(緑)・赤・黄・白・黒、五味とは酸・苦・甘・辛・鹹、五法とは煮・焼・生・蒸・揚のことで、色彩と味わいと料理法を上手く取り合わせ調和をはかることで、見た目に美しく、味や栄養のバランスもよいという教え。

  • 真味淡
  • 中国、明代の書「菜根譚」(洪応明)の前集にある「釀肥辛甘は真味に非ず。真味は只だ是れ淡なり。」とあり、 濃厚な味わいは美味であり多くの人が珍重するが、偏味であって真味ではない。真味とはさらりと淡白でその物本質の飽きがこない味わいを「真味淡」という。

『道楽』当主が自ら選び、直筆した新年の言祝ぎ何お重でお届け

咋年「当主の心遣いが感じられて感動した」「ふたを開ける前から新春気分を楽しめた」と大好評だった、 道楽特製おせちの言祝ぎ。
喜びのお声を多数お受けして、今年もご用意いたしました。
言祝ぎとは、古来 祝いの言葉を述べて長命や安泰を祈ること として、とても縁起の良い言葉です。
こちらの言祝ぎ付おせちは道楽だけ。
特別仕様のお重で、晴れやかな新年を演出します。

林裕人監修おせち「超特大宝船」一段重 お品書き

  • 壱の重
  • 田作・お多福豆甘煮・伊達巻・紅白蒲鉾・万願寺土佐煮・牛蒡西京漬・秋刀魚八幡巻・棘甘露煮・ロブスター旨煮・くじ幽庵焼・松笠烏賊白焼・金柑蜜煮・蛸梅酢和・金団・栗渋皮煮・栗甘露煮・スモークトラウトサーモン・石尊鶏松風・蟹砧巻・数乃子・帆立貝旨煮・昆布巻

  • 弐の重
  • 海老豆・鰤煮・大根煮・三度豆・牛肉牛莠時雨煮・小鯛醞焼・甘蕴蜜煮・本ズワイ蟹爪甘酢漬・鱈子昆布巻・高野豆腐含煮・椎茸旨煮・筍旨煮・粟耘旨煮・蓬耘旨煮・道明寺基旨煮・焼目湯葉旨煮・絹莢・枚梅花人参・蟹信田巻・紅白梅花药茄・大黒しめじ・豚角煮・紅白膾・イクラ醤油漬・若摘胡瓜柚香マリネ・鮭塩麴焼

  • 参の重
  • 黒豆・日向夏蜜煮・胡桃飴煮・鮪の金胡麻角煮・わらび餅(あずき)・わらび餅(柚子)・出汁巻・若鶏彩野菜巻・合鴨燻製・鱧西京焼・ちりめん山椒・棒鱈煮・鮑旨煮・海老旨煮・真鱈子昆布旨煮・松前漬・鶏腿肉西京焼・おあげさんと壬生菜のお浸し

京都東山 料亭「道楽」監修特大重 福来重 新玉の息吹 こだわり

  • 老舗料亭のこだわりを詰め込んだ特大おせち
  • 老舗料亭「道楽」の14代目当主が自ら”新しい年が、希望に満ちた年になるように”と願いを込め、素材選びから味付け、盛り付けに至るまで工夫を凝らしました。
    通常サイズの約1.7倍の8.5寸特大お重に詰められたお料理は、京風の薄味にこだわって仕上げています。
    通常より大きめサイズなので、5人以上でのお召し上がりに最適です。

  • 京らしさたっぷりの”であいもん”をおせちに詰めました
  • 味の調和の取れた「であいもん]で新春を迎えて
    「であいもん」とは、京都の言葉で「合わせると相性がいい食べ物」のこと。それぞれの味が引き立ち、栄養のバランスも取れているもののことを言います。
    今年の『新玉の息吹』には、このであいもんを意識したお料理を多数取り入れました。
    鰤煮・大根煮…寒くなるにつれておいしくなる鰤と大根を炊き合わせたもので、初冬のであいもんです。
    海老豆…滋賀県の郷土料理の海老豆は、京のおばんざいとして京都人に親しまれています。
    この他にも、「牛肉牛旁時雨煮」「おあげさんと壬生菜のお浸し」など、であいもんが満載。
    ぜひ、京の雰囲気をおせちで味わってみてください。

  • お客様の声を基にして一層より良いおせちに
  • お客様の声を基に食材やお料理を変更、味付け等も調整。他にも様々な改善を重ね、昨年以上にご満足いただけるおせちが完成。

  • バラエティ豊かであれこれ楽しめる「家族で食べたい!」と主婦からも好評!
  • 有名シェフ監修で話題性も抜群!今までと違うおせらをお探しの方におすすめ
    当店では毎年ベテラン主婦の方々にお集まりいただき、おせちの試食、品評会を開催。見た目、お味、価格など様々な視点で評価をいただいています。今年は開催方法を変更しベテラン主婦の方々の各ご家庭へおせちをお届けし自宅で試食をしていただきアンケートにお答えいただきました。
    「あの林シェフのおせちをぜひ食べてみたい!」「今までと違うおせちに興味がある!」と、主婦の方も興味津々。家族で過ごすお正月にぴったりだと評価いただきました。

おせちのこだわり

  • 弊社オリジナルおせち
  • 「美味しい料理で皆様に幸せな新年を迎えてほしい」という思いで、各料亭と弊社が共に試行錯誤を繰り返し、産み出したここでしか買うことができない弊社オリジナルの商品です。

  • おせち品評会を開催!ベテラン主婦も納得の本当に美味しいおせち
  • ベテラン主婦から直接ご意見をいただいて。
    「縁起物のおせちは失敗したくない」、「美味しいものには目がない」そんな主婦に集まっていただき、おせちの試食・品評会を開催。お味だけでなく見た目・お値段に至るまで厳しく評価いただき、認められたおせちしか販売いたしません。いただいた貴重な意見はお客様のアンケートと共に「本当に美味しいおせちづくり」に役立てています。

  • 安心・安全にとことんこだわったおせち
  • 新年を祝う大切なお食事を、安心・安全にお楽しみいただきたいという願いから当店のおせちは原材料を厳選・吟味し、中国産主原料、合成保存料、合成着色料は一切使用し ておりません。
    また、原材料・アレルゲンについて一覧表にて明記しておりますので、お子様からお年寄りの方まで安心してお召し上 がりいただけます。

  • 冷蔵おせちを盛り付けてお届け
  • なにかと急がしい年末年始、ならばおせちの準備くらいは楽をしていただきたい。当店のおせちは素材・色にまでこだわった重箱に、冷蔵状態で盛り付けてお届けしますので、そのまま食卓にお出しいただけます。
    また、手間いらずなので贈り物としても大変よろこばれております。

購入・詳細はこちら

お気に入り登録

-海鮮かに処
-, ,

Copyright© 2021年早割おせち料理の口コミ&おとりよせ通販 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.