期間限定 せいこ蟹(せいこがに 越前・松葉)

期間限定 せいこ蟹(せいこがに 越前・松葉)

荒れる冬の越前の海が越前ガニを育てます。越前がに・せいこがに美味しさの秘密!

急深の越前海岸、寒さ厳しい環境が蟹の最良の生息場所。

生息地の海底の地形が越前がにの美味しさに大きく影響しています。漁場である越前海岸沿岸は急深で、ズワイガニが棲む水深200〜400mまでそれほど遠くなく、獲ったカニをすぐに水揚げし、新鮮なまま出荷できます。

海底は100m〜150m〜200mと、段々畑のようになっており、他地域ではあまり無く、カニをはじめ魚介類が快適に棲む環境になっています。様々な魚介類が集まる環境は自然とエサも多く、荒波にもまれ豊富なエサを食べることで越前がには美味しく育ちます。

競り落としたばかりの蟹を真水で活き〆 職人が絶妙な加減で浜茹で

茹で塩にもこだわり個体差に合わせ職人が見極め茹でる!

漁場が近い為、まだ生きているカニを一旦真水で〆ます。これはカニが自らの足を切り離してしまうのを防ぐためです。〆たカニを1パイずつ丁寧かつ迅速に洗っていきます。

茹で加減は一つ間違うと商品になりません。茹でが足りないと青黒く変色し、茹ですぎると身がパサパサになるので、個体差・身の詰まり具合を見極 めながら茹で加減を調節します。

カニの甘味・旨味を引き立てる塩。

カニの風味を損なわないよう、純国産自然海塩“越前 塩”を使用しています。

びっしりと身が詰まりカニ味噌もたっぶり♪

海の宝石箱!漁期わずか2ヶ月の希少な蟹!外子・内子・蟹ミソ!雌ガニならではの珍味。プチプチの外子と濃厚な内子。

食通待望の冬の味覚「ズワイガニ」。メスのせいこがには、卵と蟹ミソを楽しむ蟹で、オスと違い解禁帰還も2ヶ月のみと短く、貴重です。

オスに比べるととても小さいせいこがにですが、外子と内子の濃厚な旨味を堪能できることから珍重されています。

せいこ蟹丼

贅沢な食べ方として、炊きたてのご飯の上にほぐした身・内子・外子、 蟹味噌をのせ「せいこ蟹丼」としていただきます。 それぞれの食感・旨味の違いを楽しみ、また、合わさった旨さを存分にご堪能下さい!

芥川賞作家の開高健は食通としても知られ、 好んで食べたというせいこ蟹丼を 「海の宝石箱」と形容しました。

口コミを見る

期間限定 せいこ蟹(せいこがに 越前・松葉)を最安値価格で通販購入する方法

期間限定 せいこ蟹(せいこがに 越前・松葉)を最安値価格で購入するには、「楽天」「Yahooショッピング」で購入することをオススメします。

他で購入されても価格は違わないかもしれませんが、「楽天」「Yahooショッピング」のメリットとしては「送料無料」「ポイントが付く」「クーポンがある」などがあります。

購入・詳細はこちら

-魚貝類

Copyright© 寒い日に食べたい!肉・魚貝 お取寄せ通販 おすすめ&人気の口コミをチェック! , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.